〒530-0001
大阪市北区梅田3-3-30

代表電話
06-4795-5505
健診予約
06-4795-5500

診療科のご紹介

内科

特色

糖尿病・内分泌代謝領域
大阪中央病院の糖尿病・内分泌代謝領域では、糖尿病・脂質異常症・高血圧症・肥満症・痛風をはじめ、最近問題となっているメタボリックシンドロームなど生活習慣病の診断・治療に力を注いでいます。 生活習慣病は年々増加し、いまや国民病と言われるほどです。 特に糖尿病は放置すると失明・腎不全・足壊疽などの生活に重い負担となる合併症を併発する可能性がありますが、初期には自覚症状が乏しいため軽く考え受診が遅れがちです。
当科では、糖尿病療養に必要な知識や血糖自己測定・インスリン自己注射などの手技を正しく習得しながら、 最新の治療を受けて頂けるよう、糖尿病教育入院を活発に行っています。 糖尿病専門医を中心に、専任看護師・栄養士・薬剤師など糖尿病療養指導士を交えたチーム医療体制で、 強力にサポートします。 毎週入院可能な一週間コース(適宜延長)が基本ですが、週末短期入院コースも設けています。 インスリン治療を要する方、1型糖尿病の方も多く通院されています。
脂質異常症、肥満、痛風(高尿酸血症)ならびにメタボリックシンドロームの方には週末短期入院を積極的に活用いただき、動脈硬化の進行を予防いただいています。
呼吸器領域
大阪中央病院の呼吸器領域では、 気管支喘息・肺気腫・慢性呼吸不全・呼吸器感染症の診断・治療や肺癌の精査・鑑別診断を行っています。
健診での胸部レントゲン異常の精査は、HRCTにて行います。 気管支喘息は、ステロイド吸入療法にてコントロールが容易になってきましたが、 発作が重積する場合は、入院管理がより充分できる関連の呼吸器専門医療機関にご紹介も行っています。 自己管理のための指導を行います。 喫煙に関連して今後、肺気腫が増えていくと予想されます。 早期発見と禁煙指導が重要です。 肺炎など各種、呼吸器感染症の精査・治療も行っています。 精査の結果、肺結核を疑われる方につきましては結核専門医療機関に紹介致しております。

主な診療疾患

糖尿病・内分泌代謝
○糖尿病 ○脂質異常症 ○高血圧症 ○メタボリックシンドローム ○生活習慣病 ○内臓脂肪蓄積肥満
○高尿酸血症(痛風)
呼吸器
○胸部レントゲン異常 ○気管支喘息 ○肺気腫 ○慢性呼吸不全 ○呼吸器感染症 ○肺癌

診療疾患について詳しくはこちら>
○糖尿病
○脂質異常症
○内臓脂肪蓄積肥満
○メタボリックシンドローム
当科で行っている教育入院や教室についてのご案内
血糖値が高い方へ >
メタボリックシンドローム・脂質異常症・痛風 生活習慣病が気になる方へ >
糖尿病教室(毎月1回 月・木曜日) >
栄養指導のご案内 >
大阪中央病院栄養部では、当院の関連診療科の担当医の指示にて、個別・集団栄養指導を行っています。
糖尿病患者会のご案内 >
当院には設立30年となる糖尿病患者会「つばき会」があります。
日本糖尿病協会に所属し、毎年春には総会、秋にはレクリエーション・お食事会を催し、 親睦を兼ね活発に活動しています。

スタッフ紹介

美内 雅之
(みうち まさゆき)
美内 雅之
所属診療科 内科
役職 内科部長兼栄養部長
資格 日本内科学会認定医
日本糖尿病学会専門医
日本内分泌学会所属
日本病態栄養学会所属
日本慢性疾患重症化予防学会所属
米国糖尿病学会所属
欧州糖尿病学会所属
アジア糖尿病学会所属
専門分野 糖尿病、内分泌代謝
治療に対するモットー
全人的医療を基本とし、チーム医療を展開することで、個々の病態に応じた治療に努めます。
波多野 晃弘
(はたの あきひろ)
所属診療科 内科
役職 医員
専門分野 糖尿病、内分泌代謝
治療に対するモットー
患者さんにとって最適な医療を提供できるよう努めて参ります。
ページトップへ