〒530-0001
大阪市北区梅田3-3-30

代表電話
06-4795-5505
健診予約
06-4795-5500

看護のページ

看護局の概要

副院長兼看護局長 長田三枝 挨拶

当院は、大阪梅田の中心街で、143床の都市型病院として急性期医療を担っています。平均在院日数は6日前後で、クリニカルパスも現在では90種類程有しています。また、健康管理センターを拡充し、予防と治療の両輪で特性を生かした運営を行っています。
看護局では、クリニカルパスの改良を重ねながら、短い入院期間においても、ひとりひとりの患者さんに納得していただける説明や支援ができるよう、日々の業務に取り組んでいます。また、健康管理センターから外来、入院へとスムーズな連携がとれるよう、委員会を中心に情報共有に努めています。
「職員満足」が「患者満足」に繋がるという考えのもと、職場環境を整えながら、常に患者さんの声に耳を傾け、医療チームの一員として「共にあゆむ最善の看護」を目指していきたいと思います。

看護局理念と基本方針

理念
「共にあゆむ最善の看護」
基本方針
  1. 1.個別性を大切にする看護
    私たちは、あらゆる健康レベルにある人に、心身のやすらぎを与えひとりひとりの価値観を尊重した看護を目指します。
  2. 2.チーム医療の推進
    私たちは、患者・家族を中心としたチームの一員であることを認識しあらゆる事象に対して、主体的かつ柔軟に取り組みます。
  3. 3.自己研鑚と意識改革
    私たちは、専門家としての責任と誇りを持ち、自己研鑽するとともに変化する医療環境に対応できるように意識改革に努めます。

看護体制

施設基準
急性期一般入院料2
看護方式
固定チームナーシング 継続受け持ち制
看護記録
フォーカスチャ―ティング、患者参画型看護計画
勤務形態

病棟
2交替制
日勤 8:30〜17:00
夜勤 16:30〜翌9:00   遅出 12:00〜20:30
(平日3名・土日祝日2名)
手術室・外来・
健診センター
日勤 8:30〜17:00 管理当直 1回/ 月


外来・
健診センター
8:30〜15:30
委員会構成
  • ・師長会
  • ・看護推進委員会
  • ・リンクナース会
  • ・主任会
  • ・業務改善委員会
  • ・実習指導者会
  • ・教育委員会 
  • ・記録委員会
  • ・看護助手会
-
TOPへ^

教育活動

目標管理・クリニカルラダー
個々の能力開発支援
新採用者支援システム
新卒:新人看護職員教育システムあり
既卒:6ヶ月間支援ナースがサポートするシステムあり
看護局研修
看護局教育委員会の年間計画に沿って実施
看護研究
年1回院内看護研究発表会開催
部署毎の学習会
毎月開催
院内全職員集合研修
院内教育研修に沿って実施
院外研修
大阪府看護協会主催の教育計画と各種セミナーに積極的に参加。
規定により全額および一部公費支援あり 。
看護学生実習施設(2校)
大阪医専(看護保健学科) 関西看護専門学校

看護研究発表会風景
看護研究発表会風景

-
TOPへ^

目標管理

目標

労働環境整備の取り組み

  1. (1)年次休暇取得の推進(2017年度実績77%・・・年間20日)
  2. (2)夏休を利用し長期休暇の推進(夏休5日間取得100%)
  3. (3)時間外労働の削減(2017年度実績1ヵ月平均90〜120分)
  4. (4)委員会および教育研修等はすべて勤務時間内に設定
  5. (5)産休・育休取得後復帰率90%以上
-
TOPへ^

学会発表・論文発表・雑誌投稿など

新時代の外来看護 2013春号
日総研「希望の休みを取りやすく!一人で3診療科に対応できる応援力を養成」
第43回日本健診学会
「採血による血管迷走神経反応の実態ならびにその対応について」2015年2月
第3回大阪府看護学会 口演発表
「ペースメーカ挿入患者の患者指導パンフレットの改善―外来通院患者のインタビュー調査を生かしてー」
2015年12月
第3回大阪府看護学会 示説発表
「整形外科患者の自主リハビリテーション支援―患者の意欲向上を目指してー」
2015年12月
日本手術看護学会第30回総会(仙台) 口演発表
「タイムアウト実施の現状把握と改善への取り組みー統一したタイムアウトを目指してー」
2016年11月
第4回大阪府看護学会 口演発表
「心臓カテーテル検査前訪問への取り組み」2016年12月
第5回大阪府看護学会 示説発表
「経鼻内視鏡検査における鼻出血対応への取組み」
2017年12月 健康管理センター部門より
ページトップへ