contents
患者様の集い
> つばき会
患者さんからの提案投書
寄贈
市民公開講座
患者様とのふれあい
患者さんの集い
『つばき会』のご案内
  「つばき会」は20年余りの歴史を育む糖尿病患者さん達とそのご家族の親睦会です。医師・看護師・管理栄養士らと共に糖尿病についての知識や理解を深め、日々の療養生活を同じ目的を持った仲間同士、本音で語り合い楽しく乗り切ることを目的に発足致しました。日本糖尿病協会に属し、年会誌の発行に加え、春には病院大講堂での総会・秋には近郊への小旅行やお食事会を催しています。
   
大阪中央病院の糖尿病に対する取り組みの歴史
  大阪中央病院では、昭和48年から糖尿病教室を開催、食事療法を中心とした指導を行い、昭和58年からは教育入院も実施して治療の充実を図ってきました。昭和62年に教育入院者数が200名を超えたのを機に、大阪中央病院の糖尿病患者さんを対象に気品と風格を秘めた長寿の花である椿を象徴として当会が発足しました。
   
『つばき会』事務局
 
●連絡先窓口: 健保連大阪中央病院
電話番号06−4795−5505 栄養部
●窓口担当者: 管理栄養士
 
『つばき会』の活動概要
  総会、食事会、会報発行(年1回)
 
※クリックすると拡大してご覧いただけます。
 
 
つばき会 総会
 
  つばき会 総会 お弁当

前のページへ戻る