〒530-0001
大阪市北区梅田3-3-30

代表電話
06-4795-5505
健診予約
06-4795-5500

健診のご案内

健康管理センターの特色

健康管理センターの概要について詳しくは>

  • ◆人間ドック健診施設機能評価認定施設
    (日本病院会・日本人間ドック学会)(1日ドック・2日ドック)
  • ◆日本総合健診医学会の優良認定施設(総合健診)
  • ◆健康評価施設査定機構認定施設
  • ◆健保連人間ドック指定施設(日帰りドック)
  • ◆協会けんぽ生活習慣病予防健診実施機関
  • ◆大阪市市民検診実施機関(乳がん・大腸がん)

健康管理センター

受診者のニーズに合わせ常にパワーアップしています
受診者の要望を踏まえ、人気コースの受診枠を拡大すると共に、質の更なる向上を目指し最新鋭機器に更新すること等で受診者の満足度を高める努力をしています。(詳しくはこちら>
豊富な健診実績と受診者の絶対的な信頼感
昭和34年4月に健保連人間ドック指定施設及び日本病院会指定施設認定を取得し、1泊2日方式の短期人間ドックを開始(3人/日)、平成14年4月に優良施設認定を取得し幅広い健診メニューの下、年間7万人を超える方にご利用いただいております。
女性にもやさしい女性専用フロアの設定
毎月第1金曜日と第2土曜日は、6階を女性専用健診フロアとして、女性受診者のみで受診できるようにしています。(第1金曜日はドックのみ)もちろん、婦人科・外科(乳房)・内科診察は女性医師が担当するだけでなく、胸部・乳房X線(マンモグラフィー)や心電図、腹部・乳房超音波(エコー)の検査も 女性技師が担当します。(胃X線検査技師・胃カメラ担当医、ドック結果説明医は男性)

胃カメラは8階男女共用フロアでの受診となります。

なお、診察医及び胸部X線技師は都合により、当日、女性から男性に変更させていただく場合がありますので、ご容赦ください。

※皆様からのご要望にお応えし、令和元年8月より、毎月第3金曜日午後の8階・9階を女性専用フロアとします。 (一般健診、生活習慣病等のコースを受診の方対象)
隣接するホテル宿泊のドックサービスを提供
健保連大阪中央病院に隣接するホテルに宿泊(昼食・夕食付)して、ゆったりと人間ドックを受診していただけます。
充実したオプション検査
胃内視鏡、MRI・MRA、マルチCT、骨密度、頚動脈エコー、甲状腺エコー、乳房X線検査、乳房エコー、各種腫瘍マーカー検査も行っています。一部検査は4階の検査室で行っています。経鼻胃内視鏡は8階健診フロアで行なっています。詳しくは当センターに問合せ下さい。
オプション検査のページ>

経鼻胃カメラの診察台
経鼻胃カメラの診察台

コンピュータを活用した迅速な健診、経年的な健康管理及び丁寧な説明
計測(身長、体重、体脂肪率、血圧、聴力、視力、肺機能)、検体(血液、尿、便潜血)、心電図結果の自動取り込み、画像のデジタル化、事務処理の電算化により、待ち時間の短縮、早い結果返送が可能となりました。
検査システムにより、短時間で済みます。
各コース案内のページ>
毎回の健診データはコンピュータに保存し、継続した健康管理、フォローアップを行っております。
一方、コンピュータ化は単なる手段と見なし、過去データーの参照画面も活用しながら丁寧な説明による受診者の方とのふれあいを大切にした健診を目指しております。
PCを活用した受付
PCを活用した受付(6階フロア受付)
説明・指導用画面
説明・指導用画面
要精密検査・有所見者への院内紹介の便宜を図っています
健診で要精密検査或いは有所見の結果となった際は、院内の診療科への紹介をしています。その際は、再診扱いとなり初診料不要のため、費用も軽減される上、内容によっては検査の重複も防げます。
最新の検査機器による精度の高い健診
最新の機器(計測機器、胸部フラットパネル、各種超音波装置、心電図ファイリングシステム等)を利用して質の高い健診を行っています。
胃X線は診断能力の優れた直接撮影のみです。間接撮影は行っておりません。また、半日ドックと2日ドックでは、胃カメラは胃X線と同一料金で受けることができます。ご希望の方は予約時にお申し込みください。

超音波装置
超音波装置

子宮がん(癌)健診
子宮がん健診では内診、子宮頚部細胞診、子宮体部細胞診だけでなく経膣超音波検 査も行っています。
経鼻胃カメラ(鼻カメラ)による胃健診
胃カメラは苦痛の少ない経鼻胃カメラで行っています。
胃カメラ(胃内視鏡)受診について>
胃部X線、胸部X線、胃カメラ、エコーのフィルムレス
胃部X線、胸部X腺、胃カメラ、エコーはフィルムではなくファイリングシステムを利用しての画面をみながらの説明を行っています。
特定健診・特定保健指導
平成20年度から特定保健指導が義務化されたことに対応して、メタボリックシンドローム予防のための保健指導を必要とする人を抽出するための健診と、対象者への保健指導を行っています。
詳しくはこちら>
ページトップへ