contents
健診ご案内TOP
特色
各種健診コースのご案内
> 人間ドック
> その他健診
> 大阪市乳がん検診
> ストレスチェック
> 特定保健指導
> オプション
> 検査別実施方法と目的
お申し込み方法
健診予約状況
過去情報
よくある質問Q&A


健診のご案内
健診内容【一般健診、生活習慣病健診】

内容 検査項目 特定
健診
一般
健診A
一般
健診B
生活
習慣病
協会
けんぽ
診察 問診・聴打診
身体
計測
身長・体重・標準体重
BMI・体脂肪率・腹囲

(腹囲
除く)
視力 自動視力計  
聴力 1000Hz,4000Hz  
眼科 眼底検査          
循環器 血圧測定 自動血圧計
心電図 安静時12誘導  
呼吸器 胸部X線 直接(CR撮影)  
消化器 胃部 X線 食道・胃・十二指腸
(直接撮影)
     
大腸ガン検査 便(ヒトヘモグロビン)2回法      
血液
生化学
糖代謝 空腹時血糖  
HbA1c      
肝機能 AST(GOT)  
ALT(GPT)  
γーGTP  
ALP        
脂質 総コレステロール      
中性脂肪(トリグリセライド)  
HDLコレステロール  
LDLコレステロール  
痛風 尿酸      
腎機能 クレアチニン      
血液学 末梢血 赤血球数  
白血球数      
血色素(ヘモグロビン)  
ヘマトクリット    
尿検査   蛋白定性
糖定性
ウロビリノーゲン        
潜血      
 標準検査受診料金 (税込) \7,020 \4,860
\11,340 \24,980 \7,038

○基本検査 ■詳細検査(医師の判断により実施)
※1 40歳未満の方は腹囲測定は行いません。
※2 胸部X線撮影については、平成19年7月よりCR撮影を導入いたしております。
※3 胃X線に替えて胃内視鏡(経鼻)を選択される場合は別途料金(4,320円)かかります。
CRは従来のフィルムを用いた撮影と異なり、画像をデジタル化してコンピュータ処理することにより、診断に適した画像を作成します。

前のページへ戻る

乳がん健診の年代別早期発見法
月1回、乳房にふれたり観察して変化がないかセルフチェック。そして忙しくても定期検診を受けることが大切です。
マンモグラフィや超音波検査などの画像診断は早期発見に有効です。乳房の変化や検査方法について相談できる主治医を見つけておきましょう。
年代別効果的ブレストケア法
NPO法人 乳房健康研究会発行 「ブレストケアと乳がん検診についてお話しましょう」より抜粋


マンモグラフィは早期乳がんを見つける乳房専用のX線撮影です。
マンモグラフィは、乳がんを見つけるために有効な画像診断の一つで、しこりとしてふれることのできない早期乳がんのサインである石灰化(砂粒のように見えるもの)を鮮明に写し出せるのが大きな特徴です。撮影では、乳房を圧迫板でやや強めに押さえ、平たく引き伸ばします。これは診断に必要な良い写真を撮るためにとても重要なことであり、放射線の被爆量を少なくする効果もあります。やや強めに押さえますが、一定以上の圧力はかからないような設定になっておりますのでご安心ください。

「乳がんはまだ他人事」とおもっていませんか?乳がんは女性の壮年層(30~64歳)のがん死亡原因のトップになっているにもかかわらず、無関心な人が多いのも現状です。乳がんの早期発見のためには、健診を受けることが大切です。受診者お一人お一人に合わせたプランを選択し、可能な限り早期発見を目指します。

乳房の変化や検査方法についてお気軽にご相談ください。
大阪中央病院のマンモグラフィ装置について詳しくはこちら
マンモグラフィ検診施設のアナログ画像認定証を取得しました。詳しくはこちら
前のページへ戻る