〒530-0001
大阪市北区梅田3-3-30

代表電話
06-4795-5505
健診予約
06-4795-5500

当院の概要

院長就任のご挨拶

2020年4月より健康保険連合会大阪中央病院の院長に就任いたしました。

75年の伝統を有する本院において、またこの20年間、先進的な経営手腕を発揮されてきた大橋秀一前院長の後任として、その大役を担わせていただくことに身の引き締まる思いが致します。

歴史を紐解きますと、昭和19年 梅田曽根崎にあった大同生命直営の「大同病院」を健康保険組合連合会が引き継ぎ、当時は医療機関が不足していたため進んでいなかった保険診療の普及を主目的として設立されたのが大阪中央病院であり、これが当院運営の始まりです。その後、平成12年には現在の西梅田 大阪ガーデンシティに新築移転となり、内視鏡手術、ロボット手術など、先進的な低侵襲治療に取り組むとともに、大病院が多く隣接する都心にあって、特徴ある診療科を育て、女性に優しい医療も展開しています。また平成19年からは予防医療の観点から健診部門にもこれまで以上に注力しており、近隣企業の皆様からの信頼も厚く、健診受診者数は有数の実績を挙げてまいりました。

今春、当院の経営主体を健康保険組合連合会から医療法人伯鳳会に変更する事業譲渡契約が正式に締結いたしました。変更の時期は本年7月1日からの予定でありますが、これまでに培われた特徴ある都心の急性期病院を礎に、民営化による効率性を備えた新たな歴史を職員一同、力を併せて築いてゆきたいと念じております。

皆様には、これからも当院に対しまして引き続きのご支援、ご鞭撻、ならびにご助言を賜りますよう、お願い申し上げます。

ページトップへ